ハーレクイン・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

コテージに咲いたばら (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カトリーナは田舎道を自転車で走っていてオートバイにはねられた。オートバイはそのまま逃げ、道に座り込んでいた彼女を助けたのはちょうど車で通りかかったハンサムな医師グレンヴィルだった。カトリーナは十二歳のときに両親を事故で亡くして以来、独身の伯母と田舎のコテージでつましく暮らしている。医師は親切にも彼女をコテージに送り届けてベッドに寝かせ、外出していた伯母に代わって面倒を見てくれた。彼の親切には感謝すべきだったが、医師としての義務感からそうしているとしか思えず、カトリーナは素直になれなかった―好きじゃないわ、あんな人。それでも彼女はしぶしぶ礼状を書いて送った。どうせ私のことなんて忘れているでしょうけれど。

いつしか求愛―独身男に乾杯〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一大レジャー産業をひきいる実業家ジャレット・ハンターは、高級ホテルの買収のため、カナダのスキーリゾート地に乗りこんだ。目的のホテルの女経営者サビーナ・サザランドがスキーに来ているという確かな情報を得たからだ。彼はそこで新婚ほやほやの友人夫妻に出会い、食事に誘われる。どうやらディナーの席には彼らの知り合いの女性が同席するらしい。新婚カップルの邪魔をするなんて、ろくでもない女性に決まっている。彼はそう言って断るが、アビーという元モデルの美人が現れるや、今まで恋などしたことはないのに、ひと目で心を奪われてしまう。しかしアビーなる女性の正体がわからないことから、ジャレットはいらだち、いかがわしい職業の女だろうと目星をつける。アビーこそサビーナその人だとは夢にも思わず、ジャレットは…。

スペインのシンデレラ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
バルベルデ銀行の若き頭取セサル・バルベルデの心は沈んだ。心臓を患っている名づけ親ジャスパーの状態がよくないという。僕が結婚して家庭を築くのを見たがっていたのに…。だが、結婚だけは願い下げだ。一人の女に縛られるなんて!そんなとき、彼の銀行で働くディクシーの件が報告された。負債を抱えた者は即刻解雇の規定があるにもかかわらず、ディクシーに莫大な額の借金があるのが判明したのだ。ディクシーはジャスパーの大のお気に入りだ。ここに職を得たのも、ジャスパーの口利きがあったから。彼女と婚約したと知れば、ジャスパーは大喜びするに違いない。絶体絶命の彼女は僕の提案を拒めないはず。頭取の呼び出しを受けて緊張しきっているディクシーに彼は…。

報復はギリシア流に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日マディソンは弟のカイルから、富豪ディミトリアスが所有するヨットを海に沈めたと打ち明けられた。ディミトリアスは姉弟の父親を無実の罪に問い、死に追いやった男だ。弟の気持ちもわかるが、彼に知れたらどんな報復をされるかわからない。不安を募らせていると、突然ディミトリアスが家にやってきた。彼はすでにカイルが犯人だという証拠を握っていると言い、執拗に居所をきき出そうとする。だめ!彼みたいな冷酷な人に、弟は渡せないわ。でも、百五十万ドルもの損害額を賠償できるはずもない…。するとディミトリアスは目を光らせ、ひとつの選択肢を提示した。

内容(「MARC」データベースより)
マディソンは弟のカイルから、姉妹の父親を死に追いやった男・ディミトリアスのヨットを海に沈めてしまったと打ち明けられた。どうしても弟を助けたいマディソンに、ディミトリアスはひとつの交換条件を提示するのだが…。

愛なきウエディング―地中海の王子たち〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フライト・アテンダントのルーシーはマルディビノ公国のプリンス、グイドと交際していた。世界各地で気ままな逢瀬を重ねるようになってから一年ほどたったある日、初めてグイドのアパートメントに招かれ、マルディビノ公国でおこなわれる彼の甥の洗礼式に招待された。身分が違いすぎると、彼との将来を悲観していただけに、ルーシーの喜びはひとしおだった。もしかして、わたしは愛されているの?だが、彼女の期待とは裏腹に、グイドの誘いにはある企みがあった。

内容(「MARC」データベースより)
ルーシーはマルディビノ公国のプリンス、グイドと交際していた。世界各地で気ままな逢瀬を重ねるようになってから1年ほどたったある日、初めてグイドのアパートメントに招かれ、喜ぶルーシーだったが…。

間に合わせの花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ニュージーランドの小さな町で図書館司書を務めるステファニーは、結婚式の前日、婚約者のブライアンから婚約破棄の手紙を受け取った。ブライアンは、彼女の親友ノエルと駆け落ちしてしまったのだ。ショックを受けたステファニーは、周囲の同情の目を逃れ、新しい仕事を探すために、首都ウェリントンで暮らしはじめた。ある日彼女は街で、ノエルの元婚約者クインと偶然顔を合わせる。彼は太平洋に浮かぶ小さな島で仕事を請け負うことになっていた。ただし、妻同伴というのが絶対の条件だった。ステファニーは新しい仕事が見つからず、クインには妻が必要だ。そこで彼は、就職だと思ってぼくと結婚してくれと申しこむ―期間は半年、給料がもらえて、当然実際の夫婦生活はなし。迷った末、ステファニーはクインの申し出を受けることにした。

誘惑された夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
セクシーなドレスを身にまとい、バーに乗り込んだジェシーは、浮気調査の対象となる男性を見つけて見をみはった。写真で見るのと印象が違う。実物のほうがずっとすてきだわ。でも、この男性は妻から浮気を疑われている身なのだ。警戒しているところへ突然彼がやってきて、ダンスに誘われた。ダンスは信じられないほどすばらしく、一緒にホテルに行こうと熱くささやかれたときには、すでに抗うことなどできなくなっていた。だが、一片の理性がジェシーを押しとどめた。彼女は化粧室に行くふりをして、その場から走り去った。

内容(「MARC」データベースより)
セクシーなドレスを身にまとい、バーに乗り込んだジェシーは、浮気調査の対象となる男性を見つけて目をみはった。写真で見るのと印象が違う。実物のほうがずっと素敵だわ。でも、この男性は妻から浮気を疑われている身なのだ。

ひそやかな略奪 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
空が白み始めたころ、ケイトリンは目を閉じたまま、隣に横たわるマシューの胸に頭を預けていた。出会ってまだ日が浅いため、マシューの詳しい素性は知らないけれど、誰かにこんな気持ちを抱いたのは初めてだ。恋人に裏切られて以来、二度と恋はできないと思っていた。でも、彼とならばもしかしたら…。そのときマシューの携帯電話が鳴り、彼が寝ぼけまなこで電話に出た。「リース・モーガンだ」ケイトリンは凍りついた。リース・モーガンですって?聞き覚えのあるその名前が、ケイトリンを奈落の底に突き落とした。

内容(「MARC」データベースより)
「リース・モーガンだ」 寝ぼけて電話に出たマシューの言葉に、ケイトリンは凍りついた。聞き覚えのあるその名前が、彼女を奈落の底に突き落とした。偽名を使ってマシューはわたしに近づいたのだ。大切なものを奪うために…。

償いの結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
何不自由なく育った貴族のひとり娘に、恥辱に満ちた、人生の試練が降りかかった。祖父の葬儀の日、気持ちを静めようと遠乗りに出かけたピッパは、長身でたくましい見知らぬ男性に道で出会った。彼の態度はなんとも傲慢で、ピッパは反発を覚える。だが家に帰ってみると、彼がピッパの父と話をしているではないか。彼の名はショーン。亡き祖父が秘書の女性に産ませた子だった。祖父が遺言書を作成せずに死去したので、屋敷も土地も会社も、遺産はすべて実子のショーンが相続することになったらしい。ピッパの父は数年前に死んだ祖母の連れ子で、相続権がないという。経済的苦境にあり、遺産を当てにしていた父はあわてるが、一家に憎しみを抱くショーンは、容赦なく立ち退きを迫る。ピッパとしてはやむを得ないと思うものの、両親は取り乱すばかり。そこへ彼から、ピッパを巻き込んだ、ある取り引き話が持ちかけられた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マッカーシー,スーザン
ロンドン郊外で育ったが、結婚を機にイングランド西部のシュロップシャーに居を構え、たくさんの犬や猫に囲まれた田園生活を楽しんでいる。趣味の旅行に出かけるたびに、家が恋しくなるという。作家活動のかたわら、社会人教育にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛なきウエディング―地中海の王子たち〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フライト・アテンダントのルーシーはマルディビノ公国のプリンス、グイドと交際していた。世界各地で気ままな逢瀬を重ねるようになってから一年ほどたったある日、初めてグイドのアパートメントに招かれ、マルディビノ公国でおこなわれる彼の甥の洗礼式に招待された。身分が違いすぎると、彼との将来を悲観していただけに、ルーシーの喜びはひとしおだった。もしかして、わたしは愛されているの?だが、彼女の期待とは裏腹に、グイドの誘いにはある企みがあった。

内容(「MARC」データベースより)
ルーシーはマルディビノ公国のプリンス、グイドと交際していた。世界各地で気ままな逢瀬を重ねるようになってから1年ほどたったある日、初めてグイドのアパートメントに招かれ、喜ぶルーシーだったが…。

美容外科> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <東京ぶらぶら> <高収入バイト情報> <墨田区紀行> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <電子たばこ> <鶯谷・うぐいすだに> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <千葉の印刷なら千代田印刷> <台東クラブ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <アキバ中毒のページ
詩論万歳> <詩論の部屋

ooo千葉蛸・たこ焼き大好きooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo ショッピング 検索ooo ビバ!プリプレスooo 住宅ローンのことooo ガシャポン戦死!ooo 千葉県の施設ooo ~新宿 Live House~ooo カレー大好きキレンジャー!ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo アメ横一番!ooo 美容.コレクションooo 山手線で行く!Libraryooo 家電、AV機器.コレクションooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo おいしいくだものメニューooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo リネージュIIクロニクル1ooo