ハーレクイン・ロマンス

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ロマンス。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

翡翠色の情熱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
テレビリポーターのアリアンはカメラマンをともない、著名な実業家で大富豪のマノロの屋敷を訪れた。週末の二日間、屋敷に泊まりこんで、彼を題材にした番組のビデオ撮りを行う予定だ。その撮影の最中、アリアンは赤ん坊の泣き声を耳にした。生後半年の、マノロの娘クリスティーナだわ!あやしたいという衝動を抑えられず、手を伸ばしたアリアンに、翌日マノロは驚くべき提案をする。クリスティーナがなつかないため出ていった子守りの代わりに、何日か屋敷に残って娘の面倒をみてくれないか、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。学校を卒業して、法律事務所で秘書をしたのち、二十一歳のときに友人とともにワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアにわたる。メルボルンで数カ月働き、北クイーンズランドのたばこ農園を手伝っていたときにイタリア人男性と知り合い結婚した。その後三人の子供に恵まれ、子供たちや友人にたばこ農園の話を聞かせているうちに小説を書くことを思いついたという(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋の奇跡は火曜日に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
仕事中毒で家庭を顧みない父の会社を辞め、キャリーが別の会社に就職してから三週間が過ぎた。その火曜日の朝、彼女はオフィスで背の高い男性とぶつかった。謝ろうとして顔を上げ、目が合った瞬間、キャリーは言葉を忘れた。何もかも見通すような澄んだ青い瞳が頭から離れない。同僚の話では彼は親会社の重役、ファーン・メイトランドだという。奥のオフィスに入ったファーンが再びドアから出てくると、彼女はあわてて仕事に集中しているふりをした。彼がデスクの横を通り過ぎる…そう思ったとき、ファーンが足をとめ、キャリーをいきなり食事に誘った。彼女の頭の中は真っ白になった。気がつくと、静まり返ったオフィスじゅうがキャリーの返事を待っていた。

遠い夏の秘密 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
一人息子のニックとテーマパーク巡りを楽しんでいたケイトは、かつての恋人パトリックと思いがけず再会した。七年前の夏、ケイトはパトリックと初めて愛し合った。ところがその二週間後、あろうことか彼のいとこに襲われ、彼女はニックを身ごもった。それ以来、ケイトはパトリックの前から姿を消し、女手ひとつでニックを育ててきた。あの夏の秘密を、彼に言うことは絶対にできない…。しかしパトリックはニックを自分の子と思いこんで、ケイトが否定しても動じず、これからも会うことを強く望んだ。つらくても、真実を告げなくてはいけないのだろうか?いつしかケイトは、彼を突き放せない自分の気持ちに気づいていた。

侯爵家からの招待 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
過労が原因で肺炎にかかり、一週間ほど入院していたグレースは、大学時代の友人ジュリアが声をかけてくれたのをさいわい、休養のため、イタリアのリゾート地を訪れた。彼女がジュリアのアパートメントでひとりつくろいでいると、魅力的なイタリア人男性がジュリアの荷物を届けに来た。あとで聞かされた話では、彼はマッテオ・ディ・ファルコ侯爵といい、ジュリアは、彼の子供を身ごもっていると自慢げに打ち明ける。妊娠を理由にマッテオに結婚を迫るつもりだと語る友人に、グレースは、危ない賭に出るつもりなのではないかと心配になった。ところが数日後、マッテオはグレースに誘いの電話をかけてきた。親密につきあっている女性がいながら、その友人に声をかけるとは。グレースは即座に断るが、マッテオは外出先でも近づいてきて…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
メイザー,アン
イングランド北部の町に生まれ、現在二児の母。自分が読みたいと思うような物語を書く、というのが彼女の信念である。ハーレクイン・ロマンスに登場する前から作家として活躍していたが、このシリーズによって、一躍国際的な名声を得た(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

捨てられたジュリエット (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジェナは、結婚式の準備のため、久しぶりに帰省した。心も体もずたずたになったつらい恋愛を乗り越え、イベントのコーディネーターとして働いている。仕事は順調で、気持ちもやっと落ち着いてきた。ところが、式の打ち合わせに訪れたホテルで、ジェナはばったりコナー・ハーディングと再会してしまう。五年前、自分の野心のために彼女を捨てて出ていった男だ。幸せになれるかもしれない今になって現れるなんて…。もう二度とあんな思いはしたくない。冷淡にふるまうジェナだったが、コナーは気にも留めない様子だ。そのうえ、彼女に向かってきっぱりと宣言した。「ぼくは自分の思いどおりにする。誰にもじゃまはさせない」いったい何をするつもりなの?ジェナは動揺するが…。

ボスにだまされて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ルーシーはベッドに横たわり、思い悩んでいた。知り合ったばかりの男性とベッドをともにしてしまうなんて!しかも相手は、彼女の勤める会社を買収した企業から、視察のために派遣された人物だ。リック・コナーズ―ハンサムで、どこか威厳を感じさせる彼に、たちまち惹かれ、その魅力に屈してしまった。かつてオフィス内の恋愛で心をずたずたにされたことがあり、職場の男性とは二度とかかわるまいと決めていたのに…。でも、視察が終われば彼は本社に戻る。顔を合わす機会もなくなるわ。ルーシーはむりやり自分にそう言い聞かせた。

内容(「MARC」データベースより)
ルーシーはベッドに横たわり、思い悩んでいた。知り合ったばかりの男性とベッドをともにしてしまうなんて! しかも相手は、彼女の勤める会社を買収した企業から、視察のために派遣された人物だ。

落札された夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ファッションショーの舞台を下りた花形モデルのリーナは、最後の仕事をするためにロールスロイスに乗りこんだ。チャリティオークションで彼女とのデートを落札した男性と、ディナーを共にする。それでリーナ・ローレンスと縁を切れる。明日からは本名のケイティ・メルデントンに戻り、念願の陶磁器デザイナーとして再出発をするのだ。だがデートの相手を見て、彼女は息をのんだ。ジェイク・グラントン。二年前に別れたきり、二度と会いたくないと思っていた男だ。かつてはジェイクを愛し、愛されていると確信していたけれど、それも、継母と彼が愛人関係にあるとわかったときまでだった。ジェイクは、なぜ大金を使ってまでわたしとの時間を手に入れたの。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バード,ジャクリーン
家族が彼女の描いていた油絵のにおいに苦情を言い始めたとき、趣味として文章を書き始め、すぐにロマンス小説に夢中になった。旅行が好きで、アルバイトをしながらヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアを回り、英国に戻ると若くして結婚した。2人の息子に恵まれ、現在も生まれ故郷のイングランド北東部に夫とともに暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛を見つけた航路 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
モデル派遣事務所を経営するゲリー・デイカは、同居人カーラの紹介で、ブリンという男性と知り合った。ブリンは貿易商で、太平洋上の産物を売買しているらしい。ゲリーが休暇中だと聞いたブリンは彼女に短期間の仕事を持ちかけた。ポリネシアの小島に赴き、植物を編んで作った名産品の帽子について、最近売り上げが落ちてきた原因を調査してほしいという。熱帯の島で休暇を過ごせるならと、ゲリーは仕事を引き受けた。さっそく島に渡ったゲリーだが、次の日カーラから、事務所でトラブルが発生したからすぐに帰ってほしいと緊急電話が入る。ブリンに相談すると、彼はクルーザーで途中まで送ると言ってくれた。次の朝珊瑚礁の中で思いもかけないことが待ち受けているとも知らず、ゲリーは彼に感謝してクルーザーに乗りこみ、眠りについた…。

誓わなかった花婿 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「誓いません」牧師が誓いの言葉を促すなか、花婿のエイダンは無情に宣告した。結婚式の当日、花嫁であるインディアを捨て、彼は去っていった。始まりは、あるパーティ会場で口にされた冗談半分の賭だった。家名だけは立派な貧乏貴族の家に生まれたインディアは、金持ちの夫を見つけてみせると友人に宣言したが、そこに現れたのが、冷酷無比と噂される実業家のエイダンだった。インディアは賭のことも忘れて彼の魅力に圧倒され、結婚を決意する。土壇場で彼が去っていったのは、賭の話を耳にしていたから?そして悪夢に終わった結婚式から一年後、再びエイダンが現れた。彼はインディアの父に多額の金を貸していて、しかもインディアが欲しい気持ちには今も変わりはないという…。

ボス運の悪い人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父、母、そして義理の父をつぎつぎに亡くし、エミーは義理の祖母の“ハンナおばさん”とふたり暮らし。秘書として経験を積み、能力はあるのに職を転々としているのは、おもにハンナおばさんが原因で遅刻や欠勤が増えるせいだ。でも、もう安心。おばさんは高級老人ホームに入居し、エミーはそれを経済的に支えられるような、高給が約束された一流企業の重役付個人秘書の職を得たのだ。仕事は楽しかったが、上司のバーデンには好感を持てなかった。女性からの電話は多いし、友達の奥さんと不倫しているようだし。そんなある日、ハンナおばさんがホームから抜け出し、エミーは仕事に穴を開けてしまった。怒ったバーデンはエミーに“夜中の十二時までに仕事を仕上げろ”と命じた。

美容外科> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <東京ぶらぶら> <高収入バイト情報> <墨田区紀行> <ハロー!江東区!> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <電子たばこ> <鶯谷・うぐいすだに> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <千葉の印刷なら千代田印刷> <台東クラブ> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース> <アキバ中毒のページ

oooコーヒーにブライト(ノア)さ~~ん!!ooo IIS設定備忘録ooo 板橋LOVEooo 酒と泪と男と女 酒場.comooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 神奈川いいとこじゃん!ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo ぎょうざ@千葉ooo 千葉市の幼稚園探し・人気の幼稚園を口コミ調査・幼稚園情報!ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo 日本蕎麦ならぬ千葉蕎麦!ooo ~品川の街~ooo 千葉県の民俗・風俗ooo 台東クラブooo 墨田区紀行ooo ビジネス.コレクションooo ちばパラ!千葉県のイベント情報満載中!!ooo